Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクとキャンプと登山。ときどきDTM。

HHKB Professional BTを導入してニコニコになった

f:id:skyriser:20191121001356j:plain
カワイイHHKB

仕事柄コードを書くことが非常に多いのでキーボードはとても大事!と思っていて、昨年MacBookPro(以下MBP)を導入するまではずっとRealForceを使ってきて、MBP2018を導入してからは内蔵キーボードだけで仕事が出来るようにしよう、ということでRealForceを持ち運ぶのをやめて内蔵キーボードに矯正していたのですが、やっぱり今のMBPってキーボードがペチペチなので、ミスタイプ率がすごく多いんですよ。かといって、またRealForceを持ち運ぶのも大変だし...というわけでHHKB(HappyHackingKeyBoard)を試してみようかなとふと思い立ち。

HHKBはキーボードの中でもかなり軽量かつ小さいものなので持ち運ぶのも苦じゃないですしね。幸い、今はHHKBもBluetooth対応のモデルがありますし、BT対応ならMBP以外にも使えます。iPadとか。というわけで、これを導入して試してみたところ尋常じゃないレベルで入力効率が改善したのでした。

続きを読む

セローくんをお迎えしてリターンライダーした

f:id:skyriser:20191111103445j:plain
八ヶ岳とキャンプセローくん

もう冬になろうかという気温ですが、先日セローくんをお迎えしました。ちょうど、そろそろバイク欲しいなーと思っていたところに、友達が手放したいという話だったので譲ってもらいました。ある程度カスタムもされていてすでに快適ツーリングマシンの状態でしたが、更に快適なツーリングマシンを目指して、もう少しだけカスタムしていく予定。

notes.levolution.info

前回Ninja 250を手放したのが2017/4なので約2年半ぶりですね。思ったより早かった。

続きを読む

FF14のエデン覚醒編零式に固定初挑戦/踏破してきた

f:id:skyriser:20191006193601j:plain

我々はDO ITしたのだ。

FF14を初めてもう6年ぐらい(休止はあったけど)ですが、零式に手を出すとやはり攻略に時間がかなり食われるし、他のゲームもあまりできなくなる...という理由で極まではやろう。と決めてプレイしていたんですが、「漆黒のシナリオすごく良かったし、1層とか2層ぐらいは挑戦してもいいかな?」と思うようになっていたところ、たまたまフレからお誘いがあったので零式固定を組んでみることにしました。固定としてはスローペースでゆるめで、1日1セット90分、週2-3回ぐらいのペースです。攻略開始は一周遅れの8月上旬で、4層まで踏破が9月末(ギリ)ってところですね。

そんな零式に挑戦してきたログを残しておきます。ちなみにジョブは竜騎士。竜騎士歴は2ヶ月チョイです(漆黒終わってからやりだした)。極まではやっていて零式はちょっと興味あるけど、まだ手を出してない...という方の参考にでもなれば。

続きを読む

Final Fantasy XIV 漆黒のヴィランズをクリアした (ネタバレあり感想)

FF14は続けて(休止とかはさみつつ)5-6年ぐらいになってしまうのですが、この7月に3つ目の大型拡張パッケージ、漆黒のヴィランズが発売され、またしてもRPG 1本分ぐらいあるボリュームの濃厚なシナリオをプレイすることができました。今回もシナリオむちゃくちゃ良かった。そんなわけでネタバレを含めつつ感想を書いていこうかなと思います。

今回は暗黒騎士でやりました。普段は近接DPSメインなんですが、シナリオがかなり楽しみだったのでここはシナリオメインジョブで。以下、深刻なネタバレ注意です。やってない人はマジで引き返して。

続きを読む

JB23ジムニーに乗り換えた

NDロドに乗り換えて2年半、車を乗り換えました。ロードスターは本当に気に入っていて、手放すのは非常に惜しい車だったんですが、雪国に移住し、登山のアプローチに車を使うなど、ライフスタイルの大幅な変化により乗り換えになりました。

小さいけどパワフル!かわいいジムニーくんです。

続きを読む

アサシンクリードオデッセイをクリアした

昨年買ってからちまちまと続けてきたアサクリオデッセイを今更ながらクリア&トロコンしました。昨年購入時に少しやったものの、FF14に復帰したり他のゲームやったりしてたのですが、サブにゲーム用の4Kディスプレイを導入してからFF14のシャキ待ちなどの隙間時間にすこしずつ進めていたものがようやく終わり、となりました。ゲームとしては微妙なところもあるけど、風景を楽しむには最高のゲームでした。

以下、ネタバレというネタバレはあまりないですが、感想。

続きを読む