Trance Shift 8 - Notes

クルマとバイクとキャンプと登山。ときどきDTM。

今更だけどプリンセスコネクト!Re:Diveの面白さを紹介する

まさかここまで続くとは思わなかったですね。

今年の春に始めてなんとなく続けて、気がついたらドハマリしていたプリコネR(プリンセスコネクト!Re:Dive)の紹介をしてみます。半年ぐらいなんとなーくやって、気がついたら面白いじゃんってなるやつ。

スマホゲーム数ヶ月で飽きてすぐ消すマンこと私のスマホに半年以上君臨し続けたソシャゲです。

今日からあなたも「あるじさま」

はじめにどんなゲームかというと、かわいい女の子とイチャイチャしながら世界を救うゲームです。

ゲーム始めてしばらくしてだいたいの人はコッコロちゃんに心撃ち抜かれると思うんですけどね。これ、プレイヤーのことを「あるじさま」って呼んでくれて、徹底的に甘やかしてくるんですよ。プレイヤーのアバターことあるじさまは喋らないんですけど、選択肢を通じて女の子にアクションしてもらうことが出来ます。このアクションがいろいろとズルいし、プレイヤーの行動がお金を食べる等、常識を逸脱してぶっ飛んでるので単純にネタとしても面白い。

基本的に出てくる女の子がなぜかプレイヤーのことを知ってて好き!って言い寄っていただけるので楽してモテられます。声優さんも有名どころの人多いので推しの声優さんがいたらもうそれだけでも。ちなみにフルボイス。あと、定期開催されるイベントはED曲が毎回ついてます。アニメも。毎月追加されるの本当にすごいと思う。ありがとうサイゲームス

アニメパートも結構気合入って作られてるので財力を感じます。ちゃんとお金かけるべきところにかけて作られてるなあ...って感じがしてとても丁寧です。UIもUXも。

なお私の推しはキャルちゃんです。

バトルはプログラミングだ (語弊アリ)

次に、一番華になるところのバトルデザインですが、これが結構よく練られててわかりやすく奥が深いって感じになってます。簡単に説明すると

  • バトルはオート で進む。必殺技(UB)のタイミングだけ制御できる
  • 属性は物理、魔法の2種類のみ。バフデバフ、状態異常などはある
  • 各キャラクターのロールはタンク、アタッカー、ヒーラーなど固定されている
  • 各キャラクターのスキルは固定で「スキル1 -> スキル2 -> スキル3...」で順番も固定
  • その中から5人選ぶ

って感じです。繰り返します。オートです。ほとんど介入できません。

スキルなんかも完全に固定で、カスタマイズはほとんど出来ないようにしてあって、〜キャラに〜スキルを付けたらメチャツヨ!みたいなのはないわけです。極端な話、編成だけなので「キャラクター同士のシナジーをどう活かすか」ってところだけ考えれば良いわけです。例えば、

  • 敵に魔法使うアタッカーが多いなら、魔法防御の高いタンクを前衛で配置する (ex)クウカ、ジュン
  • 最後尾を狙い撃ちしてくるアタッカーがいるなら最後尾に防御力の高いキャラを配置する (ex)マホ
  • 前衛に範囲攻撃してくるアタッカーがいるなら前衛と後衛の距離を開けて、後衛アタッカーを使う (ex)キョウカ、アリサ

とかとか。敵の行動は予め無茶苦茶丁寧にテキストで解説されている上、実際にそれを他の人がどういう編成でクリアしたかなんかを例示してくれる機能さえ備わっています。

この感覚、どこかで...と思ったんですが、これってつまり、プログラミングみたいなもんですよね。どっちかっていうと設計に近いんですが、予め提示されている敵の行動パターンを元に、頭の中でバトルをある程度シミュレートして編成を組み、実際にそれをテストする。一応、必殺技は自分でタイミング操作出来るんで補助はできますが、基本的にはバトル開始したら意図通り動くかを見守るしか無い。

  • 設計、プログラミング -> キャラクター設計(レベル、装備) / パーティ編成
  • テスト(ラン)-> バトル実行

クソ強引ですけど、こう言い換えるとイメージしやすいかも。このあたりが楽しいって思える人は結構楽しめるゲームになっていると思います。ちなみにバトルのSDキャラがものすごい芸が細かいので見てるだけでもめっちゃ楽しいし、必殺技(UB)にはキャラ別にショートアニメも付いてるよ!

めっちゃかわいい。

キャラクターへの理解が進んだ数だけ強くなれる

プリコネRはシステム理解...というより多くのキャラを知れば知るほど、戦略が広がって楽しい性質のゲームなので色んなコンテンツやってるうちになんとなくキャラの特性を覚えていきます。

敗北から考察する次の一手

最初はなんも考えずにレアリティの高(☆3)キャラを編成してるだけでガンガン勝てますが、後衛狙いうちマンとか、物理めっちゃ硬いマンとかが敵キャラとして出てくるあたりから強制的にキャラの特性を理解して編成を考えるようになります。最初に考えた編成で戦ってみて勝てなかった時に、「どう負けたか」を自己分析することで道が開ける感じ。KPTみたいなもんですね。

  • 魔法打ってくる敵にタンクが溶かされた!
    • より魔法防御力の高いタンクを編成する
    • 魔法防御バフが使えるキャラを編成する
    • 挑発できるタンクを編成して攻撃をタンク内で分散する
  • タンクは耐えられたけど敵が固くて倒しきれない
    • 高DPSアタッカーを増やす
    • 防御デバフを使えるキャラを編成する
  • デバフ打ってこられた直後に敵の必殺技が来て全滅する
    • 敵の必殺技ゲージを削れるキャラを編成する
    • そもそもレベルや装備がショボいのでレベリングをする

とかとか。で、この条件に該当するキャラってだーれだ?となり、キャラクターへの愛が深まるわけですね。

キャラ説明にもめっちゃ丁寧にこの人はどういう時に使うのかな〜〜?とかいてあります。もちろん、高レアリティのキャラはガチャでしか排出されなかったりするので、編成できないっていうケースも出てくるわけですが、そこで縛りプレイをするのもまた1つ。ちなみに高レアリティキャラでも期間限定でない場合は、メモリーピースというのを集めることでお迎え出来るようになっています。つまり、時間かければガチャせすともお迎えできる仕組みはあります。

POWER。で、システム理解が進んだ先にあるのが、ルナの塔とPvPです。

高難易度入門チュートリアル ルナの塔

ルナの塔は「高難易度コンテンツ」とされていてるので、初心者お断りの匂いがプンプンしているのですが、なれてきたらぜひやってみてほしいコンテンツ。

  • 主さまレベルはほぼカンスト前提 (現在のレベルキャップは115なので、最低でも100は欲しい)
  • タンク、アタッカー、ヒーラーが通常困らない程度に一通り揃っている

あたりが最低ラインになるので、中級者以上向けって感じですかね。ついこないだの12月に緩和があったのでその仕様で説明すると、

  • 現在150Fまである塔を1つ1つ登っていくコンテンツ
  • 1Fにつき1バトル。敵はHPが大幅に増えたキャラとPvEで出てくる敵の混合構成
  • 敗北するとそのキャラは次の日まで使えない。タイムアップでも敗北
  • スタミナ消費なし リトライは自由

って感じ。通常のステージに比べて敵が嫌らしい配置で出てきたりするので、自分の持てるキャラ知識を生かして編成を何度も繰り返し練る。って感じですね。敗北しそうになったら中止して、編成を練り直す。時には1PTでクリア出来ないときもあるから、捨てPTを作る、今日は諦めて明日に託す、友達のキャラを借りる...などなど試行錯誤する必要があります。

で、このバランスがひっじょーによく出来てるんです。

こんなん絶対無理やーみたいな構成が出てきても、少しずつ理論立てて編成を考えて試行錯誤していくうちに、少しずつパーティのDPSが上がって勝てるようになったり、思いもよらぬ戦術が功を奏したりします。時にはTwitterで助けを求めてみるのも良いです。ほんとに嫌らしい編成なんかもポツポツ出てくるのでめっちゃ面白い。リノ怖い。

結構面白いのは普段あまり目にしないようなキャラが出てくることなんですが、この子こんなスキル持ってるのか!みたいなのがお手軽に体感できます(脅威として)。気に入ったスキルを持っているキャラが出てきたらこの子育ててみようかな...みたいな興味も湧いてくる。

なお、このコンテンツはご想像どおり「重い」です。時間もかなり食います。なので、時間を食われたくない場合はすっぱりやらないとしてしまってもいいと思います。でも、

  • 少しでもプリコネRのバトルの面白さを感じるなら
  • 少しでも上達したいなら

ぜひやってみてほしい。そんな歯ごたえあるコンテンツになっています。報酬は労力の割にはショボいですが、試行錯誤して得た知識と経験は、あるじさまの強さになるので。でも繰り返しますが、ある程度キャラ育ってないとほんとに厳しいです...

非同期で楽しめるストレスフリーなPvP

このゲームのPvPはアリーナというコンテンツなんですが、これも楽しい。私はPvPっていうと結構毛嫌いするタイプの人ですが、プリコネRのPvPは非同期コンテンツです。なので全くストレスなく楽しめる感じ。

(まあアリーナの順位は雑魚なんですが)

PvPなので、相手は人間。人間の考えた編成なので、それに勝つともちろん嬉しいし、ご褒美に大量の石ももらえちゃったりします。また、よくあるPvP、PvEで別の構成しなきゃいけない...みたいなことはあんまりなくてキャラの特性理解(=システム理解)さえしてしまえば簡単に編成が応用出来るので攻略情報調べて〜が強いだのあーだこーだみたいなのしなくて良いです。

PvPの順位はそんなに重要ではないんですけど、割と腕試しみたいなところあるし、時間も使うので毎日1戦だけやる、気が向いたらもうちょっとみたいなマイルールでやってます。(一応1日5戦出来ます)

ストーリーパート、バトルパートが完全に分離されている

それから、ソシャゲあるあるなんですけど、基本的にストーリーとバトルパート行き来するじゃないですか。あれ、結構面倒に思う時あるんですよね。時間無いので、とりあえずストーリーあとで見るからスキップしてバトルパート先に進んで、後から見返すみたいなやつ。ちょっとスキップするのもったいない。

イベントの場合はストーリーとある程度リンクしてるんですが、メインストーリーは、メイン攻略ステージとリンクしていない(完全に別の時間軸になっている)のでこの2つは完全に分離されてます。なので、ストーリー見るの完全に後回しにして、どんどん好きなだけ攻略していける。ハクスラの如くとにかくバトルコンテンツに集中できるわけです。

というか私は最初メインストーリー完全に放置してバトルしかやっていなかった。

BGMがカッコいい!

あとBGMがめっちゃカッコいい。しかも1分30秒で終わるバトルなのに3分ぐらい作ってあったりする。サントラ早く発売してくれ...ご紹介するのすごく難しいので、ぜひゲーム内で聞いてみてほしいです。ちなみにギルドハウスでBGM設定出来るようになったので聴き放題になっていたりはする。

あと、主題歌はサクラ大戦でお馴染みの田中公平さんです。めっちゃカッコいいぞ。画像は関係無いけど、推しが尊いから許して。

それとりっかちゃんち (@rikkach) で、アレンジCDやりました。バトル曲アレンジしてます。こっちもよかったらどうぞ。

musenote.jp

PCでもスマホでも出来る

最後にクライアントの話です。プリコネRはPCでも出来ます。私の場合は家にいる時はPCでやってます。PCクライアントだと、60FPSきっちり出てくれるので非常になめらかに動く感じ。今日はガッツリやるぞ〜みたいな時はPCの方が圧倒的に快適ですね。あと、BGMがカッコいいのでPCだといい音で聞ける。あとPC版だとアニメパートのお風呂の湯気が無いらしい

データはPCとスマホで共有出来ますが、唯一、石だけは共有できません。PCで石ゲットしたらPCでしか使えないってことですね。この辺は上手いことやるしかないです。私はあんまり気にせずどっちでも石受け取ってるのでどっちにもそれなりにあります。課金する時はiOSの方がやりやすいからスマホの方がいいかも。

「軽い」から「続く」

たぶんこれが「続けられる」要素として一番大きいと思ってるんですけど、ソシャゲって

  • 毎日やるべきこと、または毎月やるべきこと

ってのがある程度決まってるじゃないですか。別にサボっちゃってもいいんですけど、ちゃんとプレイしようとするとその「デイリークエスト」をやっていないと強くなれないようなもの。

プリコネRの場合は「スキップチケット」っていうのがあって、というか最近色んなソシャゲで同じようなの見ますが、一度クリアしたコンテンツは基本的に一瞬でクリア出来るという仕組みが整ってます。なので、チケットを使って30回クリアしよう、みたいなのでクリアできます。だいたいかかる時間1回数秒です。

このスキップチケットはある程度ゲームやってれば大量に余るぐらいになります。最初は無くなったりするんですが、私の今のデータだと1000チケットぐらい常にストックされてる感じですね。

なので、今日はあんまりゲームに時間かけらんないなーみたいな時でも、恐るべき速度で日課を終えられるわけですね。「別にゲームなんだからサボったらいいじゃん」みたいなのもわかるんですが、サボりだすと素材足りなくてモチベーション続かなくなって、辞めちゃう。

これらの性質から、私は最初「サブ」のソシャゲとしてやってたんですが、メインがころころ変わるのにサブとしてずっと君臨し続けたプリコネR、実は結構面白いのでは?と思うようになりしっかり取り組んでみたらこれ面白い!となり今に至ってます。たぶんこれからも「サブ」として君臨し続けると思います。(メインはきっと数ヶ月おきに変わるしなくなることもあると思う)

ちなみに今はグラブルメイン、プリコネサブです。サブを先に終えてからメインやる性質があるので先にプリコネ終えてからグラブルやるんですけど、だいたいグラブルやる元気なくてプリコネだけやって終わるっていう構図ですけどね!

結局、どんな人にオススメなのか

  • キャラが気にいった (推しが尊い)
  • ソシャゲ好きだけど、「走る」ソシャゲはしたくない
  • 「軽い」ソシャゲがいいけど、しっかり考えるゲームがしたい(簡単なものは求めてない)

っていう人におすすめです。気になったら人はいますぐコネクトコネクトォ!

priconne-redive.jp