Trance Shift 8 - Notes

信州移住、クルマとキャンプと登山。ときどきDTM。

PS4Proに買い替えて快適ゲーム環境を作った

ある日、サンタさんから一足早いクリスマスプレゼントが届きました。

ありがとうサンタさん!でも購入代金はしっかりクレジットカードに記録されていました。どうしてサンタさん...?

PS4(初代)からの乗り換え

PS4はもともとFF14用に購入したものでした。当時のPCは結構グラボが貧弱で、SimCity用に確かGTX650あたりを積んでいたと思うんですが、高額なグラボを購入するよりはPS4買ったほうが他のゲームできるしお得じゃない?というわけで購入したもの。当然ながら当時のPCに比べればとても強いグラフィック性能を有しているのでPS4でのFF14は本当にPCに比べればサクサク動きました。基本的にフルHDで使ってましたが、24人レイドは重たいかなー?と思うぐらい。その後、MGS5とかFF15とかのゲームをぼちぼちやってましたが、FF14を本格的にプレイするようになりPCのグラボをGTX 960、970と載せ替えてしまってからはPS4はほとんどお蔵入りとなってました。PCで出来るゲームならPCでやればいいと。

ちなみにHDD -> SSHD -> SSDと2回換装してます。SSDの価格が暴落した今だったらもうSSDでいいんじゃないですかね。もう500GBで1万円切ってますし。

ただ、PC(Steam)で販売されていないゲームもちらほらあったりするので、その場合PS4を引っ張り出してきてプレイするというのをやってたんですが、970レベルに慣れてしまうとどうしてもフレームレートのガク付きとかが気になってしまうことがあったのであんまりゲームをする気にはなれなかったんですが...

ココに来てPS4Proの価格改定!PS4Proが4万円だ!

というわけでこれに飛びつきました。PS4は初代だけど売れば1万円ちょいぐらいにはなりますからね。差額考えれば結構リーズナブル。PS4ProであればPCのようにフレームレートが結構しっかり安定するので、ゲームをやるにしても不満がほとんど出ないだろうし、このスペックだったらむしろPCよりPS4でやったほうがいいというケースさえあるな、という判断でした。

というのもPC/PS4同時販売ゲームでもあえてPS4を選ぶことによって、PS4ならではのメリットがあるわけで。

PS4でゲームをするメリット

  • いつでも中断できる (スタンバイ)
  • リモートプレイできる
  • コントローラー表記がわかりやすく決定ボタンが日本式であることが多い
  • 余計なソフトをインストールされない

スタンバイの存在は本当に大きい。オンラインゲームならセーブをする必要ないですけど、RPGとかだとセーブするまで電源切れませんからね。スタンバイがあればさっといつでも中断できるのが本当に強い。PCゲーでスタンバイしちゃうと正常に復帰できる保証無いので。つまり、PCとPS4併売されているゲームの場合でも中断を視野にいれるならPS4の方がプレイしやすい、ということにもなります。

また、PSVitaもしくはWin/Macとコントローラーなどを使ってリモートプレイできます。ちょっと実家に帰るんです...みたいな時でもリモートプレイでいつでも自宅のゲーム機を操作できるので回線さえ確保できる状況ならゲームが捗ります。(アクションゲーは駄目)

コントローラー表記はXBOX準拠かPS準拠かってだけの話ですが、個人的にはPSの方が慣れてるので好き。FF14もPS表記にしてますしね。また、決定ボタンが海外だとX、日本だとOになるわけですが、このあたりはコンシューマーならだいたい日本式(Oで決定)になっていることが多い。(SteamだとXの場合がある。まあこれは慣れなんですけど...)

余計なソフトというのはお前のことだぞUBI。オートアップデーターとかランチャーみたいなのPCにインストールされるのほんと勘弁なんですよね...特に常駐型。

PS4でゲームをするデメリット

  • ウルトラワイドに対応してない
  • ダウンロード版は価格が高い

ウルトラワイド対応してないのがちょっと痛いですが、そもそもMHWみたいに対応してないゲームもあるし、ここは微妙なポイントです。ただ、PS4Proの場合、FHDか4K(疑似)か、っていう解像度が2択になってしまうので4K持ってない私の場合は必然的にFHDになります。ウルトラワイドを諦めるとしてもPCだとWQHD(2560x1440)とかでゲーム出来ますが、PS4だとFHDになってしまうのがちょっと痛いポイントです。(とはいえ970でWQHDとかだとテクスチャの質ちょっと落とさないと厳しいケースも多い)

また、PS4ではパッケージ版を買うとディスクが入ってないとゲームが起動しない仕様になっているので、基本的にダウンロード版を買ってます。ダウンロード版であればいつでもゲームが切り替えられるので捗ります。やるかどうかはともかくリモートプレイもできます。しかし、発売からしばらくたっても価格が下落しないので、割高になることが多いのがネック。新品だったら別に一緒です。

と、まあこのあたりをざっと考えてみて、GTX 1070とかを買い足すよりPS4Proを買ってコンシューマーゲーも快適に出来るようにしたほうが、良さそうだな。という結論を出したのでした。あくまで現状は、という話なので来年また違うこと言ってる可能性はありますが、しばらくは

  • PCでしかできないゲーム、PCの方が明らかにメリットが有るゲームはPCでやる (オンラインゲームや4X)
  • PC/PS4同時販売ゲームは、PS4でやる (PS4Pro対応タイトルだと良し)

という感じでやってみようと思いますよ。ほんとスタンバイできるのは便利。まあその点ではSwitchが一番良いハードなんですけどね...